からだこころぬくむ

整体&多次元キネシオロジーサロンin東京

家系のカルマを紐解くこと

皆さまこんにちは。

連日の猛暑に生命の危険すら感じますがなんとか生き延びています。

いかがお過ごしでしょうか?

最近自分の調整で印象的だったセッションがあったので皆さまにシェアしたいなと思います。

 

テーマは私にとって関わりの深い前世で行ったのですが、

最初から上げてきた情報が身体の不調諸々で、アレルギーだったり、慢性疲労だったり、顎関節症だったり、低血糖症だったり、それはそれは日頃から悩まされている慢性的な不調ばかりだったので、身体の不調にまつわるセッションになるんだろうな…とは思っていました。

私にとって『身体の不調』は常に隣り合わせな感覚がありまして、

告白すると【自分は長生き出来る気がしない】という感覚がずっとありました。

それは周りの人達が老後の話(老後の生活や貯金の話など)をしたりしている時に【私は自分の老後のイメージが全く沸かない。老後のイメージが全く沸かないのに老後のことを考えるのは馬鹿馬鹿しい…】とまで思ってしまうくらい、自分の健康に対して全く良いイメージがなかったのです。

母が若くしてこの世を去っているのも一因だと思っていましたが、この感覚がどうしてここまで根深いのかはわかりませんでした。

それで今回そのセッションを進めていくと

・貧困、過酷な労働

・波乱万丈、困難、壮絶な人生

・病気で苦しんだ

・家族を助けられなかった、無念

という部分が何度も繰り返し上がってきました。

肉体的によっぽど酷で精神的には誰かの為に自分を犠牲にして、その上更に誰かを助けられなくて悔やんでいる、そんな印象でした。

そこで必要な意識に

・自分を許すこと

・自由に生きること

と出て、なるほどな〜と思っていたのですが、最後の根本要因で予想してなかった方向に転び始めたのです。

 

それは身体を最高の状態に戻す調整法で『顎関節』をテーマに行い始めたのですが、

要因が『体質の遺伝(母方)』でどういう体質の遺伝なのかとリストから上げていってそこまではいつも通りでした。

この体質の遺伝(母方)はこれまで何度も出てきた要因で、これ自体を調整する術が

もっとないのだろうかとずっと考えていました。

そして顎関節の調整をクローズした後、最後に上がってきた根本要因が

『先祖とのエネルギーコード』でした。

 

(…先祖?)

そんなの上がってきたのは初めてで(新しい展開だわ…)とエネルギーコードの要因を見ていくと【病気になることへの恐れ、病気で苦しんだ】と上げてきたのです。

そっか…先祖から脈々とこの意識があったんだ…!とやっと腑に落ちました。

そして解除すると顎の緊張がだいぶ抜けて気持ちが随分軽くなっていました。

私にとって病気への恐れや健康への不安が顎にかなりのストレスだったんだなと身に沁みました。

もちろんこれは私の物語で、魂を形成する要因のごく一部であると理解しています。

それでもこのセッションで気づけたこと、なんとなく心が軽くなったことがとても大きかったです。

同じ顎関節症でも要因はきっと人それぞれ違うと思いますが、痛みや不調の身体のシグナルの元に時に想像していた以上の情報や要因があるのだということを今回気付かされた次第です。

セッションはこういう驚きがあったりするのが面白いです。

まだまだ身体と向き合う私の人生は続きますが、だからこそボディーワーカーでありセラピストであるのが私なのだろうなと感じています。

逃れたいとか逃れられないとかじゃない、私が私であることとセラピストであることはずっとイコールなのかもしれませんね。

↓ご予約はこちらからどうぞ↓

reserva.be